トップ
トップ
取扱ワイン
フランス
イタリア
スペイン
ポルトガル
ブルガリア
アメリカ
ニュー・ジーランド
オーストラリア
ワイン入荷情報
ワイン入荷情報
最新ニュース情報
最新ニュース情報
会社情報
会社概要
代表者あいさつ&コンセプト
商品管理体制
採用
プライバシーポリシー
お問い合わせ

生産者詳細

シネ・クア・ノン
SINE QUA NON

SINE QUA NONSINE QUA NONSINE QUA NON
SINE QUA NON

シネ・クア・ノンはサンタバーバラ近郊のオーク・ビューに位置する小さなワイナリーです。シネ・クア・ノンとはラテン語で『不可欠なもの』という意味ですが、オーナー兼ワインメーカーであるマンフレッド・クランクルが語る“シネ・クア・ノン”とは、『真の美しさとは個々の主観を超越して心を開くと感じられる』という少し哲学的な考えによるものです。1992年のリリース以来、ラベルは毎年アート性のあるデザインに毎年変更し、同じラベルは二度と使いません。またラベルだけではなくブレンドやワイン名も毎年替えております。各ワインにはユーモラスな名前をつけており、過去には〝Against the Wall(壁に向かって)〟〝Other Hand(別の手)〟〝Impostor Mc Coy (ペテン師マッコイ)〟等があります。それだけ毎年違うワインを造り続けながらも、過去にロバート・パーカーから17度も100点満点を獲得しております。

 

[アドヴォケイト100点獲得ワイン]

2000  Suey TBA (100% Botrytised Roussanne)
2000  Incognito (Grenache / Syrah)
2002  Just For The Love Of It (Syrah)
2003  The Inaugural (Syrah)
2003  The Inaugural (Grenache)
2004  Poker Face (Syrah)
2004  Ode To E (Grenache)
2004  Mr K The Strawman Vin de Paille (Semillon)
2005 Mr.K The Strawman Marsanne Vin de Paile
2005 Atlantis Fe 203 1A (Syrah)
2005  The 17th Nail In My Cranium Eleven Confessions Vineyard
2006 Sine Qua Non A Shot In The Dark (Syrah)
2006 Sine Qua Non In The Crosshairs (Grenache)
2010 Sine Qua Non Grenache Stockholm Syndrome
2010 Sine Qua Non Syrah Stockholm Syndrome
2012 Sine Qua Non Grenache Rattrapante
2012 Sine Qua Non Syrah Touche
2013 Sine Qua Non Grenache Jusqu’ a l’os
2013 Sine Qua Non Syrah Le Supplement
2014 Sine Qua Non Grenache Shakti
2014 Sine Qua Non Syrah Piranha Waterdance
2015 Sine Qua Non Syrah Trouver L’Arene

 

[ワイン名とエチケットを変えることについて]

前述した通りSine Qua Nonは毎年ラベルを変えております。この事について、オーナーのマンフレッド・クランクルはこう語ります。ワイナリーを立ち上げた90年代前半の当時は、ワインのエチケットはほとんど似たような感じでした。偽物のシャトー(フランスでも珍しい本物の城がカリフォルニアにあるわけがありません)がヨーロッパ風に、家紋まで付けられて印刷されていました。私はこのようなフランスを模倣しただけの、アメリカらしさのないエチケットを嫌い、自身の哲学に沿ったワインを造るのと同時に、エチケットもその哲学に合わせようと思いました。更にエチケットのデザインだけでなく、ワインの名前も毎年変えることにしました。つまらなかったワインのエチケットに革命を起こせたことを誇りに思っています。


[2大ワイン漫画にも登場]
ワイン漫画「神の雫」、「ソムリエール」にもシネ・クア・ノンが取り上げられました。ソムリエールには、弊社取り扱いのパーカー100点獲得ワインAtlantis Fe2 O3が掲載。更に神の雫では長期熟成のリザーブ・タイプ The Inauguralが掲載。しかも「神の雫」では「十二使徒」の中の「第七の使徒」としてシネ・クア・ノンが取り上げられ、物語の重要な核として扱われております。


[シネ・クア・ノンが生み出される畑]
現在、シネ・クア・ノンは4つの自社畑と2つの契約畑の葡萄から造られています。この全ての畑で、認定はありませんが有機栽培を行なっています。


【自社畑】

・ELEVEN CONFESSIONS
サンタ・バーバラの東、サンタ・リタ・ヒルズに位置する22エーカーの畑です。主にシラーとグルナッシュが栽培され、少量のヴィオニエ、ルーサンヌも作られています。比較的涼しい気候で、11月頃収穫されます。熟成がゆっくりと進むため、風味の豊かな果実が採れます。

・CUMULUS
サンタ・バーバラの南、オークビューに位置する畑で、シネ・クア・ノンのワイナリーもここにあります。いくつかの区画があり、シラー、グルナッシュ、ルーサンヌの他、プティ・マンサンやトゥーリガ・ナシオナル、ムールヴェードルやプティ・シラーが栽培されています。比較的暖かく、通常一番最初に収穫が行われます。

・THE THIRD TWIN
セントラルコーストの街、ロス・アラモス近郊に位置する、2010年に購入した畑です。樹齢10年ほどのシラーやプティ・シラーが植えられています。砂質土壌で、全て自根葡萄です。

・MOLLY AIDA
サンタ・マリアの東、テパスケット・キャニオンに位置します。標高1800フィートの畑に、2012年の春ムールヴェードルを植樹しました。


【契約畑】

・WHITE HAWK
THE THIRD TWINから程近いところに位置する畑です。砂質土壌で、シラーが作られています。

・BIEN NACIDO
サンタ・マリアにある畑です。この畑のシラーから、最初のシネ・クア・ノン“Queen of Spades”が生み出されました。現在はシャルドネなどが栽培されています。

 

[2015年生産者コメント抜粋]

今年ご紹介する2つのワインは2015シラー「Trouver L’arene」と2015グルナッシュ「Le Chemin vers l’heresie」です。この2つのワインは間違いなく成功です。2015は厳しいヴィンテージといった批判もありますが、クオリティはとても素晴らしいものです。自画自賛するのも恥ずかしいですが、私の畑は神に祝福されている様に毎年非常に良い葡萄が育っています。

 

2015年のシラーは「Trouver L’arene」(アリーナを見つける)と名付けました。セオドア・ルーズベルト大統領が、1910年にパリのソルボンヌ大で行ったスピーチ「The man in the arena」に私が大好きな部分があります。

「批判はどうでもよい。つまり人がどれだけ強く躓いたか、行動力のある辣腕の人にやらせたらどこがもっとうまくできたかなんて粗探しはどうでもよい。名誉はすべて、実際にアリーナに立つ男にある。その顔は汗と埃、血にまみれている。勇敢に戦い、失敗し、何度も何度もあと一歩で届かないことの繰り返しだ。そんな男の手に名誉はある。なぜなら失敗と弱点のないところに努力はないからだ。常に完璧を目指して現場で戦う人、偉大な熱狂を知る人、偉大な献身を知る人、価値ある志のためなら自分の身を粉にして厭わない人…結局最後に勝利の高みを極めるのは彼らなのだ。最悪、失敗に終わっても少なくとも全力で挑戦しながらの敗北である。彼らの魂が眠る場所は、勝利も敗北も知らない冷たく臆病な魂と決して同じにはならない。」

 

大事なことは「目的に向かって行動すること」です。勇気を持ってすれば何でも出来るということ。私も、全ての頭脳を使い、どうやって美味しいワインを造る事が可能なのか考えなければいけません。美味しいワインを造るためには想像力や才能ではなく自分に自信を持ち、詳細なデータに気を配り、一生懸命働くことだと分かりました。これが良い結果に繋がりました。ルーズベルトの言葉を読み返して頂ければ、すぐにこのワインとの関連性がわかることでしょう。このスーパーモデルのようなシラーは、例えるならば「味覚のお祭り騒ぎ」です。しっかりとしたタンニンがありますが、とても繊細で優しいエレガントさを持っています。

グルナッシュには「Le Chemin vers l’heresie」(異端への道筋)と名付けました。「heresie」は正当な信条とは正反対の意味です。通常信仰に使う言葉ですが、「一般の人とは違う視点を持った人」という意味にも使われます。(非同調、非正統性の意。)私がそうだということにもう説明の必要はないでしょう。このワインは「異端への道筋」だけでなく「ワインセラーへの道筋」でもあります。忍耐と時間があれば更に美味しさが増します。しかしあなたはきっと我慢できないでしょう。

ワイン一覧

※価格は全て税別です

ル・シュマン・ヴェール・レレジー グルナッシュ

ル・シュマン・ヴェール・レレジー グルナッシュ

“LE CHEMIN VERS L’HERESIE” GRENACHE 2015

単価 ¥43,340 (希望小売価格)
品種:グルナッシュ75% ムールヴェードル13% プティ・シラー4% トゥーリガ・ナシオナル8%
醸造:全体の56%を除梗し、上面開放型の発酵槽にて発酵。
650L、600L、300L、228L樽を併用しにて21ヶ月熟成 (新樽率6%)
    
ガイド評価
Wine Advocate…98+pt(Lisa Perrotti-Brown)
jebdunnuck.com…95-97pt(Jeb Dunnuck)
Vinous…96-98pt(Antonio Galloni)
トルヴェ・ラレーヌ シラー 

トルヴェ・ラレーヌ シラー 

“TROUVER L’ARENE” SYRAH 2015

単価 ¥43,340 (希望小売価格)
品種:シラー80.5% プティ・シラー7% ムールヴェードル7% グルナッシュ2% ヴィオニエ3.5%
すべて自社畑より収獲。Eleven Confession Estate36%、
The Third Twin Estate37%、Cumulus Estate27%
醸造:全体の66%を除梗し、上面開放型の発酵槽にて発酵。フレンチオークバリックにて22ヶ月熟成。(新樽率48%)
     
ガイド評価
Wine Advocate…100pt(Lisa Perrotti-Brown)
jebdunnuck.com…96-99pt(Jeb Dunnuck)
Vinous…94-97pt(Antonio Galloni)