トップ
トップ
取扱ワイン
フランス
イタリア
スペイン
ポルトガル
ブルガリア
アメリカ
ニュー・ジーランド
オーストラリア
ワイン入荷情報
ワイン入荷情報
最新ニュース情報
最新ニュース情報
会社情報
会社概要
代表者あいさつ&コンセプト
商品管理体制
採用
プライバシーポリシー
お問い合わせ

生産者詳細

シエラ・カンタブリア
SIERRA CANTABRIA

SIERRA CANTABRIASIERRA CANTABRIASIERRA CANTABRIA
SIERRA CANTABRIA

『WOW! 絶対にケース買いすべきだ!』でお馴染みのエストラテゴ・レアル等、近年のスペイン・ワイン界を牽引するスペイン・ワインの顔とも言えるラ・ファミリア・エグレン(エグレン家)。1870年よりワインを造るエグレン家の総本山となるワイナリーがボデガ・シエラ・カンタブリアです。シエラ・カンタブリアはリオハを象徴する山脈の名前でもあります。シエラ・カンタブリアの特徴は伝統的な褐色がかったリオハ・ワインでもなければ、果実味を前面に押し出したモダンなスタイルでもなく、誰にでも受け入れやすいスタイルのリオハ・ワインです。味わいはアメリカン・オークが強すぎる訳ではなくテンプラニーリョの魅力である、香りの芳香性の良さや滑らかでクリーンな酸味が表現されており、どの様なシチュエーションで飲んでも安心感のあるオーソドックスで信頼のおける味わいです。まさに世界が認めたリオハを代表する銘柄に相応しい出来栄えだと言えます。エグレン家の全てのワインの醸造を監督するマルコス・エグレン氏は近代技術を駆使しながらも、伝統的なリオハのスタイルを守ったシエラ・カンタブリアのラインナップを『ヌエボ・クラシイズモ(新古典)スタイル』と呼んでおります。

 


シエラ・カンタブリアの品質を支えるポイント <畑>
リオハに限らずスペイン・ワインの多くのボデガに言えるのが、葡萄は小作人から買った葡萄を混醸しワインを造っています。しかしエグレンでは先代から『ワインは畑で造るもの』という信念を持ち、栽培から醸造までを一貫して自社で行っております。またリオハに足を運べば一目で他の生産者と異なるのが、畑は丁寧に針金でパリサージュが施され整然としている事です。未熟な青臭さもなければ、過熟からの不快な香りもない。当たりまえの事ですが、一貫した品質を得る為には栽培者が完熟を見極め収穫を行う事が最も大事な事です。エグレン家にはそれが可能な環境が整っております。ワインメーカーに売る目的で葡萄を栽培している畑の葡萄とエグレンの葡萄を比較すると、味わいの命とも言える葡萄の質がエグレンの方が高品質なのは明白な事実です。


シエラ・カンタブリアの品質を支えるポイント <醸造所>

素晴らしい品質の葡萄が準備できたのであれば次は醸造です。エグレンそれぞれのワインには目指す方向性があり、その方向性に向かうべく、それに適した醸造設備が備わっております。エグレン家全てのワイン造りを総監督する醸造家マルコス・エグレンは、マドリッドの醸造高校、タラゴナの醸造大学で学び、その後、フランスで数多くの生産者の元でワイン造りを経験し1980年代にエグレン家の醸造責任者となります。褐色がかった色調でアメリカン・オークの香りの勝ったリオハワインではなく、色素が安定しており香り味共に濃さがありながらも果実味だけで押す様な、ニューワールド・スタイルとも違う丁度良い味わいに仕上がっているのがシエラ・カンタブリアのスタイルです。数あるリオハ・ワインの中でも間違いなく品質を保証できるワインだと言う事をご理解頂けると思います。

 


エグレン家の根幹ワイナリー[ボデガ・シエラ・カンタブリア]のトップ・キュヴェ

エグレン家は現在5つのワイナリーから成り立っており、各ワイナリー毎に、最高の栽培と醸造技術を駆使して各クリマの特性を表現したトップ・キュヴェを生産しております。テソ・ラ・モンハでは「アラバスタ」、ヴィニェードス・デ・パガノスは「ラ・ニエータ」、セニョリオ・デ・サン・ビセンテは「サン・ビセンテ」、そしてボデガ・シエラ・カンタブリアには「アマンシオ」と「フィンカ・エル・ボスケ」の2本があります。シエラ・カンタブリアの畑では、ビオディナミカレンダーに基づき有機栽培を実施、中でも、アマンシオ、フィンカ・エル・ボスケの畑では、ビオディナミを実践しております。

 


2009年度ヨーロッパ・ワイナリー・オブ・ザ・イヤー候補

2009/9/2に発行されたアメリカのワイン専門誌「ワイン・エンスージアスト」のワインスター・アワード2009「ヨーロッパ・ワイナリー・オブ・ザ・イヤー」にシエラ・カンタブリアが、ノミネートされました。

 


2014年度ギア・ペニン ワイナリー・オブ・ザ・イヤーにノミネート

スペインを代表するワインガイド「ギア・ペニン」の2014年版にて、シエラ・カンタブリアがワイナリー・オブ・ザ・イヤーにノミネートされました。前年2013年度版ではトロのテソ・ラ・モンハがワイナリー・オブ・ザ・イヤーに選ばれております。

ワイン一覧

※価格は全て税別です

セレクシオン

セレクシオン

SELECCION 2016

単価 ¥2,100 (希望小売価格)
原産地呼称:D.O.Ca. RIOJA
品種:テンプラニーリョ100%
樹齢:約30年
収量:29hl/ha
熟成:低温浸漬せずに、ステンレスタンクにて発酵、3週間のマセラシオン。ステンレスタンク6ヶ月熟成後、1~3年使用バリック(フレンチ/アメリカン併用)にて6ヶ月熟成。

年産:380,000本

JANコード:4573272569743

参考:2012ヴィンテージ評価
ギア・ペニン2015…91点
ワイン・アドヴォケイト…88点

[テイスティング・ノート]
「醗酵前の低温浸漬」を行っていない為、エレガントな酸が果実味を支えるバランスの良いスタイル。赤い果実の可愛らしさが全面に出たコストパフォーマンスに優れたホベンです。
クリアンサ

クリアンサ

CRIANZA 2015

単価 ¥2,940 (希望小売価格)
原産地呼称:D.O.Ca. RIOJA
品種:テンプラニーリョ100%
樹齢:約30年
熟成:除梗後低温浸漬をせずに、コンクリートタンクにて発酵、3週間のマセラシオン。1~3年使用バリック(フレンチ/アメリカンオーク各50%)にて14ヶ月熟成。

JANコード:4573272609067

参考評価2010ヴィンテージ
ワインスペクテイター 2014年10月号…89点
ギア・ペニン2015…92点

[テイスティング・ノート] 
チャーミングな赤い果実のニュアンスの中にカカオやコーヒーのアロマ。モダンで洗練されており、果実の凝縮感と酸がバランスの取れた味わい。
レセルバ

レセルバ

RESERVA 2011

単価 ¥4,500 (希望小売価格)
原産地呼称:D.O.Ca. RIOJA
タイプ:レセルバ
品種:テンプラニーリョ100%
熟成:バリック(フレンチ/アメリカン併用、新樽率60%)にて18ヶ月熟成後、瓶熟8ヶ月

JANコード:4573272569903

年産:40,000本

参考:2008ヴィンテージ評価
インターナショナル・ワインセラー…91点
ギア・ペニン2015…92点

[テイスティング・ノート]
樹齢30年以上の葡萄から産みだされるレセルバ。動物や土ぽっさ等の熟成香に黒色系果実の豊かさが加わり複雑なアロマ。オークの香りやタンニンがきれいに溶け込み落ち着いた味わいです。
グラン・レセルバ

グラン・レセルバ

GRAN RESERVA 2008

単価 ¥5,140 (希望小売価格)
原産地呼称:D.O.Ca. RIOJA
品種:テンプラニーリョ97%、グラシアーノ3%(樹齢30年以上)、一部アマンシオ畑の葡萄も使用。
醸造:28-32℃で9日間発酵。更に2週間マセラシオン。アメリカンオークバリックにて24ヶ月熟成。(新樽率25%)ノンフィルターで瓶詰め。

JANコード:4573272569767

2008ヴィンテージ評価
ギア・プロエンサ…90点

[テイスティング・ノート]
凝縮した黒系果実の香りに加え、樽の香ばしい香りや熟成に由来する革系の香り。果実味は凝縮感がありエレガントかつリッチな味わいが余韻にまで長く続きます。
オルガンサ

オルガンサ

ORGANZA 2016

単価 ¥4,040 (希望小売価格)
原産地呼称:D.O.Ca. RIOJA
品種:ビウラ50% マルヴァジア30% ガルナッチャ・ブランカ20%
樹齢:40-65年
醸造:発酵前の低温浸漬を14時間行い、新フレンオークバリックにて発酵。マロラクティック発酵は行わず、発酵に使ったバリックにて澱と共に6ヶ月熟成。更に澱引き後に9ヶ月同バリックにて熟成。

JANコード:4573272569842

参考:2015ヴィンテージ評価
ギア・プロエンサ2017年版…94点

新樽由来のリッチな風味とオレンジや白い花、熟した林檎など様々な複雑な香り。口中ではシャープな酸がリッチな果実味を支え、果実味が強いだけのパワフルなワインとは一線を画す綺麗なバランスを保ちます。
キュヴェ

キュヴェ

CUVEE 2013

単価 ¥4,240 (希望小売価格)
原産地呼称:D.O.Ca. RIOJA
品種:テンプラニーリョ 100%
樹齢:34年
収量:31hl/ha

土壌:水はけの良い砂質沖積土。表面には砂利や小石が転がります。

醸造:発酵前の低温浸漬を48時間行い、ステンレスタンクにて温度管理を行いながら発酵。バリック(フレンチ85%、アメリカン15%、新樽率40%)にてマロラクティック発酵を行い同バリックにて12ヶ月熟成。

JANコード:4573272569705

2013ヴィンテージ評価
ギア・プロエンサ2018年版…92点

ワインを飲み始めたばかリの人でも 分かりやすく楽しめるようにというコンセプトで、よりモダンなキャラクターに醸造されたレセルバ・クラスのワインです。但し熟成の規定に対するこだわりなく造られているためホベンでリリースされております。「コセチャ~グラン・レセルバ」がリオハ・アルタとリオハ・アラベサの葡萄を使い醸造したのに対し、このキュヴェはリオハ・アラベサのみの葡萄が使われております。
コレクシオン プリバーダ

コレクシオン プリバーダ

COLECCION PRIVADA 2015

単価 ¥6,100 (希望小売価格)
原産地呼称:D.O.Ca. RIOJA
品種:テンプラニーリョ100%
樹齢:55年以上
収量:24hl/ha

[醸造]
厳しい選果後、手作業にて除梗。更に選果台にて選果。50%は新フレンチバリックにてマセラシオン・カルボニックを行います。残り半分は新アメリカンオークバリックにて発酵、MLF。同容器内にて熟成18ヶ月。

JANコード:4573272569859

2014ヴィンテージ評価
ギア・プロエンサ2016…97点

[生産者より2014ヴィンテージについて]
冬から春にかけて適度に降雨があり、土壌に十分な水分が蓄積されました。
7-9月半ばまでは順調に成長しましたが、
9月中旬からの高温と降雨のためにカビの発生が見られました。
その為厳密な選果を行い、例年よりも30%減の収穫量となりましたが、
クリアでバランスの取れた、活き活きとした果実味の有るワインに仕上がりました。

参考:2009ヴィンテージ評価
ギア・ペニン2012…95点
ギア・プロエンサ2012…95点
ワイン・アドヴォケイト…90点
インターナショナル・ワインセラー…93点

[テイスティング・ノート] 
マルコス・エグレンが「モダンと伝統の融合」を表現しようと、
通常の発酵したワインとマセラシオン・カルボニックにて発酵したワインを
アッサンブラージュしたワインです。凝縮した黒系果実のアロマ。ブルーベリーのジャムやブラックベリー、無数のドライフラワーにバタースコッチ。時間の経過と共に、無数のスパイスや土のニュアンスや酸味を帯びた赤い果実系のアロマも感じられるようになります。濃厚かつモダンなスタイルに加え、伝統的なリオハらしいアメリカン・オークのニュアンスも程良く調和しております。
アマンシオ

アマンシオ

AMANCIO 2013 / 2014

単価 ¥13,940 (希望小売価格)
原産地呼称:D.O.Ca. RIOJA

品種:テンプラニーリョ100%
畑:サン・ビセンテ・デ・ラ・ソンシエラ村のアマンシオ畑(12ha)
樹齢:約40年
収量:23hl/ha

[特記事項]
徹底した収量制限を行い、1幹に2房以下に実る葡萄のみをアマンシオに使用。それ以上実った幹の葡萄はクリアンサ、レセルバ、グラン・レセルバ用として使われます。結果、アマンシオに使われる葡萄は全体の収量の1割程度となります。

醸造:厳しい選果後、手作業にて除梗。更に選果台にて選果。6日間の低温浸漬。アルコール発酵は5hlと10hlのフレンチオーク製発酵槽を使用。8日間ピジャージュを行い21日間のマセラシオン。マロラクティック発酵は100%新フレンチオークバリックにて行い、熟成にはマロラクティック発酵とは異なる新フレンチオークバリックにて24ヶ月。熟成期間中は4か月毎に澱引き。

2013JANコード:4573272569262
2014JANコード:4573272569729

2013ヴィンテージ評価
ギア・プロエンサ…100点
ギア・ペニン…95点
ワイン・アドヴォケイト…94点

2014ヴィンテージ評価
ギア・プロエンサ…100点
ギア・ペニン…95点
ワイン・アドヴォケイト…93+点

参考評価
ギア・プロエンサ…100点(2006,2008,2010-2014)

生産者より2013ヴィンテージについて
春の初めに気温が下がり激しい雨が降ったため生育サイクルに遅れが出ました。6月末に開花しましたが、結実数は少なく、更にその後の暴風雨により花振るいが起こりました。その後7,8月は深刻な問題も起きず順調に生育が進みました。畑、ワイナリーの両方で厳格な選果を行ない収量は少ないですが満足の行くクオリティの葡萄が収穫出来ました。澱引きを例年より頻繁に行うなどワインを空気に触れさせることによりタンニンをより重合させソフトに仕上げております。

生産者より2014ヴィンテージについて
冬から春にかけて適度に降雨があり、土壌に十分な水分が蓄積されました。7-9月半ばまでは順調に成長しましたが、9月中旬からの高温と降雨のためにカビの発生が見られました。その為厳密な選果を行い、例年よりも30%減の収穫量となりましたが、クリアでバランスの取れた、活き活きとした果実味の有るワインに仕上がりました。

[テイスティング・ノート]
濃厚かつ完熟した黒い果実のアロマにカカオ、コーヒー、バニラや丁子のニュアンスに加えミネラルのアロマ。柔らかく、凝縮した果実味を滑らかな酸が支え口の中いっぱいに広がります。豊富なミネラルが余韻まで凝縮した果実味と共に長く続きます。
フィンカ・エル・ボスケ

フィンカ・エル・ボスケ

FINCA EL BOSQUE 2010 / 2011 / 2013 / 2014

単価 ¥13,940 (希望小売価格)
原産地呼称:D.O.Ca. RIOJA
品種:テンプラニーリョ100%
畑:サン・ビセンテ・デ・ラ・ソンシエラ村のエル・ボスケ畑(1.48ha)
樹齢:約40年
収量:22hl/ha

[その他特記事項]
有機除草剤を使用。保全農法を実施(堆肥には家畜の糞を使用)、手摘みにて収穫。

[醸造]
厳しい選果後、手作業にて除梗。更に選果台にて選果。3日間8℃にて低温浸漬。アルコール発酵は8hlのフレンチ・オーク製発酵槽を使用。8日間ピジャージュを行い21日間のマセラシオン。マロラクティック発酵は新バリック(95%フレンチ、5%ハンガリー産)にて行い、熟成にはマロラクティック発酵とは異なる新フレンチバリックにて18ヶ月。熟成期間中は4か月毎に澱引き。

2010JANコード:4562376268485
2011JANコード:4562376278088
2013JANコード:4562376278743
2014JANコード:4573272569279

2010ヴィンテージ評価
ギア・ペニン2013…96点
ギア・プロエンサ2013…98点
ワイン・アドヴォケイト…95点

2011ヴィンテージ評価
ギア・ペニン2014…97点
ギア・プロエンサ2014…98点
ワイン・アドヴォケイト…94点

2012ヴィンテージ評価
ギア・ペニン2015…97点
ギア・プロエンサ2015…97点
ワイン・アドヴォケイト…94+点

2013ヴィンテージ評価
ギア・ペニン2016…96点
ギア・プロエンサ2016…97点
ワイン・アドヴォケイト…95点

2014ヴィンテージ評価
ギア・ペニン2017…96点
ギア・プロエンサ2017…97点
ワイン・アドヴォケイト…94+点

生産者より2010ヴィンテージについて
4月は順調に生育が進んだが、5~6月に雨が多かったため結実が悪く結果として収量が落ちました。7月からは暑く完全に乾燥し、良好な生育状態、衛生状態の中8月中旬にヴェレゾンが完了しました。9月は昼夜の寒暖差が大きく順調に成熟し、良好な気象条件の中10月8日から収穫を開始しました。
収穫した果房は極めて健康で、糖度や香気成分、フェノールの熟度も完璧な葡萄が収穫できました。

生産者より2011ヴィンテージについて
春は例年に比べて暖かく早めに生育サイクルが進行しました。7月は過去数十年の中で最も低い平均気温となりましたが8,9月は総じて暑く乾燥していました。収穫は10月初めに行い、糖度や香気成分、ポリフェノールの値も適熟であったが、収量はかなりの減産となりました。

生産者より2012ヴィンテージについて
春は雨が多く発芽は例年よりも遅れたが、その後は天候も安定し適切に結実しました。6,7月は爽やかで乾燥しており、8月10日頃には完全に色づきました。昼夜の寒暖差も大きくゆっくりと葡萄が成熟しました。収穫は10月頭に開始し、衛生状態は完璧で糖度や香気成分、フェノール的にも熟した葡萄が収穫できました。しっかりとしたタンニン分のあった2011に比べ、スムーズな口当たりが特徴です。

生産者より2013ヴィンテージについて
春の初めに気温が下がり激しい雨が降ったため生育サイクルに遅れが出ました。6月末に開花しましたが、結実数は少なく、更にその後の暴風雨により花振るいが起こりました。その後7,8月は深刻な問題も起きず順調に生育が進みました。畑、ワイナリーの両方で厳格な選果を行ない収量は少ないですが満足の行くクオリティの葡萄が収穫出来ました。澱引きを例年より頻繁に行うなどワインを空気に触れさせることによりタンニンをより重合させソフトに仕上げております。

生産者より2014ヴィンテージについて
冬から春にかけて適度に降雨があり、土壌に十分な水分が蓄積されました。7-9月半ばまでは順調に成長しましたが、9月中旬からの高温と降雨のためにカビの発生が見られました。その為厳密な選果を行い、例年よりも30%減の収穫量となりましたが、クリアでバランスの取れた、活き活きとした果実味の有るワインに仕上がりました。

[テイスティング・ノート]
アマンシオと比較して赤い果実のニュアンスが多く感じられフルーティーな印象。カカオやバニラ、ロースト香の中に鉄分由来の独特なハーブのニュアンスも感じられます。口の中でも赤い熟した果実の風味が広がり、ミネラルと共に鉄分のニュアンスも感じられます。フレッシュな果実を感じる余韻も長く続きます。