トップ
トップ
取扱ワイン
フランス
イタリア
スペイン
ポルトガル
ブルガリア
アメリカ
ニュー・ジーランド
オーストラリア
ワイン入荷情報
ワイン入荷情報
最新ニュース情報
最新ニュース情報
会社情報
会社概要
代表者あいさつ&コンセプト
商品管理体制
採用
プライバシーポリシー
お問い合わせ

生産者詳細

クロード・ゲラエール
CLAUDE GHEERAERT

CLAUDE GHEERAERTCLAUDE GHEERAERTCLAUDE GHEERAERT
CLAUDE GHEERAERT

クロード・ゲラエールはシャンパーニュの生産されるオーブ県とブルゴーニュ北部境界のエリア、シャティヨネで高品質なクレマン・ド・ブルゴーニュを造る生産者です。シャティヨネはアペラシオン制定が行われるまでは、シャンパーニュとして葡萄の栽培が行われていたエリアで、葡萄もシャンパーニュと同じクローンが栽培されております。ちなみにシャブリやコート・ドールのクレマンに使われるクローンはシャンパーニュと同じものではありません。現在シャティヨネの生産者達はその差別化をはっきりとさせる為にも「クレマン・ド・シャティヨネ」という単独のアペラシオン制定に向けINAOと協議を行っております。またクロード・ゲラエールは、葡萄の他にもハイネケンビールの原料となる小麦を栽培する秀逸な農家でもあります。かつてクロード・ゲラエールは収穫された葡萄を共同生産組合レ・ヴィニュロン・ド・オート・ブルゴーニュに納めていましたが、その共同生産組合が倒産し、シャブリにある巨大な共同生産組合カーヴ・ド・バイィ社に買収されたのをきっかけに2001年より醸造設備を導入し自らのブランドでクレマン・ド・ブルゴーニュの販売をスタートします。シャティヨネは行政上の区画ではブルゴーニュに属するコート=ドール県ですが、コトー・デ・バールに連なるキンメリッジ階の土壌に粘土質石灰岩の土壌が混じるコトー・デ・バールと同じ素晴らしいテロワール。そして葡萄はシャンパーニュで栽培されるクローンと同じピノ・ノワールとシャルドネです。

 

ゲラエール氏の思いは『シャンパーニュと思おうがクレマンと思おうが構わない。一番大事な事は品質を認めて貰い、それを美味しいと言ってくれる事』。

 

多くの栽培家は行政が引いたシャンパーニュを隔てる線に恨みごとの一つも言います。目と鼻の先にある線を越えた向こうの栽培家達の葡萄はシャンパーニュの葡萄として高く買い取ってもらえるからです。ゲラエール氏の心の奥のどこかにも『自分もあの線の内側にいれば・・・』と思う気持ちがあるかも知れません。しかしどうにもならない事に不満を漏らす事なく自分のいる位置を受け止めただ単純に品質を追求する姿勢に大変好感が持てます。中には品質にこだわりもなく、ほんの少し収量が減った事により葡萄の取引額を上げるシャンパーニュもあるのですから、それならば私たちは真面目一徹を貫くゲラエール氏を応援していきたいと思います。

 

シャティヨネの生産者達はINAO(フランス国立原産地名称研究所)にシャティヨネのクレマン・ド・ブルゴーニュを「シャンパーニュとして認めてもらう」という働き掛けを行った事もあります。その当時の記事がフランスの「クレマン・デュ・シャティヨネ」という刊行物にも掲載されております。

クレマン・ドゥ・シャティヨネ掲載文抜粋

[クレマンとシャンパーニュの間]
ブルゴーニュでシャンパーニュを造ってしまおうという不思議なアイディア! 実はクレマン・デュ・シャティヨネの生産者のアイディアです。シャティヨネのクレマンが3月からAOCシャンパーニュになる様なリクエストをINAOに送りました。シャンパーニュと同じ「栽培方法」、「品種の栽培」、「醸造方法」が行われ、そしてなによりシャンパーニュと同じ「土壌」があります。昔、ボージョレでも似たような訴えがあり、現在ボージョレのクリュはAOCブルゴーニュの中に入っています。しかしINAOの副会長ピエール=アンリ・ガレはシャティヨネの生産地がAOCシャンパーニュに入るのは不可能だと言いました・・・

ですが、実際にシャンパーニュになってしまうと価格が大きく上がる可能性もある訳なので我々としましては、このままの方が良いのかもしれません。

シャティヨネはこれからも、最高品質のクレマンとしてシャンパーニュと同じ「栽培方法」「品種の栽培」「醸造方法」そしてシャンパーニュと同じ「土壌」からコストパフォーマンスの高いスパークリングワインを造っていく事になるでしょう。


「ギド・アシェット」2010年版にクロード・ゲラエールが掲載されました。
[掲載文章抜粋]
かつては組合の畑だった5haは現在ゲラエール家のブランドとなった。輝きのある淡い色合いで泡が上品。白い花やトロピカルフルーツの香りが感じられ、まろやかな味わいの中にもトロピカルフルーツのアロマが繰り返しフレッシュで活き活きとしており余韻が長い。

ワイン一覧

※価格は全て税別です

クレマン・ド・ブルゴーニュ・ブリュット ピュール・シャルドネ

クレマン・ド・ブルゴーニュ・ブリュット ピュール・シャルドネ

CREMANT DE BOURGOGNE BRUT PUR CHARDONNAY NV(2015)

単価 ¥3,620 (希望小売価格)
原産地呼称:A.O.C. CREMANT DE BOURGOGNE
葡萄品種:シャルドネ100%(NV表記ですが2015年単一年度の収獲です)
醸造特記事項:ファイバー製のタンクで1次醗酵。瓶内2次醗酵を行い、12ヶ月以上瓶内熟成を行いデゴルジュマン。

JANコード:4573272566001

土壌だけでなく葡萄のクローンもシャンパーニュと同じだと言うだけあり、限りなくシャンパーニュに近いクレマン・ド・ブルゴーニュです。瓶内2次醗酵ならではの細かい泡。マンゴーやライチ、パイナップル等のフルーティーでありながら重たすぎないクリーンなフルーツのアロマ。アタックでも柔らかい泡につつまれ、香りで感じた風味が繰り返し、微かにバニラのニュアンスも感じられます。ボディもありミネラルの満足感が余韻にまで続きます。